バラの育て方を理解して初心者向けな品種を栽培する

バラの魅力について

花の中でも貫禄があり華やかなバラ。庭にバラがある生活を夢見てバラの育てる人は多いはずです。ガーデニングでなく鉢植えでも人気のある華やかなバラを、美しく可憐に花を咲かせるように育てましょう。

バラに良い環境を作ろう!育て方の極意とは

園芸

バラの品種にも様々なものがある

バラには様々な品種があり、大まかに「原種系・原種系交雑種」「つるばら」「オールドローズ」「四季咲きばら」などが存在します。原種系のバラは育て方が難しく園芸向きではないようです。つるばらはいわゆる一般的なイメージの「バラの花」で、色も香りも人々の目を楽しませてくれるバラです。オールドローズは昔から存在する品種で、庭を華やかに演出するのにもってこいの品種となっています。四季咲きばらは、木立性の品種で樹種がコンパクトなので、剪定などで手間がかからないという特性があります。どの品種も花の形や木の成り方にそれぞれに個性があり、バラによっては難しい育て方のものもあるので自分の育てやすい品種を選びましょう。

初めてのバラ栽培で気をつけること

バラには人それぞれに思い入れがあり、最初から「このバラを育てたい」と照準を定めている人もいます。しかしバラの育て方はバラによって難しいものもあり、指名買いしたバラが難しい品種であったり、自分の庭などとの生育環境があわなかったりなどで、結局咲かせる事ができなかったというケースも多々あります。まずは初心者向けのバラを選び、バラの育て方に慣れたころ好きな品種のバラを育てることをお勧めします。花だけ大きく咲かせる品種か、アーチやフェンスに這わせるのか、地植えにするか鉢植えにするか、まずはイメージをしっかり持って最初のバラを育てましょう。

バラを育てるのによい環境とは?

バラの育て方のコツとして「バラにとってよい環境かどうか」がポイントになります。バラを育てるための必須条件として「春から夏、秋にかけて日の光が4時間以上当たるか」「水はけがよい場所か」「風通しがいい場所か」ということがあげられます。生育不良や病気・虫などを避けるためには、最低限でもこの条件はそろえましょう。

ガーデニングを始める人に人気がある花ランキング

no.1

ピエール・ドゥ・ロンサール

ピエール・ドゥ・ロンサールはツルバラの中でも人気が高く、初心者にもお勧めできる育て方で、白とピンクのグラデーションかかったカップ状の花を咲かせます。香りも強いのでバラの香りに包まれたい人におすすめです。3年に一度開催される世界バラ会で殿堂入りを果たしている有名なバラでもあります。

no.2

初心者でも育てやすいモッコウバラ

ガーデニングで人気のバラといえば「モッコウバラ」です。早咲きの品種なので初心者でも育て方が難しくなく、とげが少ないので作業しやすい事が特徴です。黄色くて小さな花が特徴で、庭に可憐なイメージを添えたい時などにおすすめです。

no.3

大輪咲きのグラハムトーマス

鮮やかな黄色い花が特徴のグラハムトーマスはイングリッシュローズの代表格です。2009年の世界バラ会議で殿堂入りを果たしも日本人にも人気があります。育て方も初心者向きであまり難しいことはありません。大輪の花を咲かせたい人向けのバラですね。

no.4

バラの入門編アイスバーグ

白い大輪の花を咲かせるアイスバーグは、素直な樹種が特徴で見た目も豪華なので初心者に人気のあるバラです。育て方もとても手間がかからないため、バラの登竜門ともいわれています。病気にも強くトゲが少ない事が特徴です。

no.5

小さなピンクのアンジェラ

バラらしい華やかなピンクの花をたくさんつけるアンジェラは、初心者にも人気の高い小輪のバラです。育て方も難しくなく、花をたくさんつけるので垣根やアーチにたくさんのバラを咲かせたいという人におすすめです。香りも程よいので、風に乗って香ってくると心が安らぎます。

[PR]
バラの育て方を確認
役立つ情報を調べる

広告募集中