事前の準備や勉強が鍵を握る!バラの育て方

バラの育て方で大切なことの一つに苗選びがある

初心者でも育てられるバラの品種

バラの育て方のコツは、まず初心者でも育てられるバラの品種を選びましょう。例えば「アイスバーグ」は初心者の登竜門と言われているバラです。他にも鉢植えならクイーンオブスエーデンやユリイカなどの品種も初心者におすすめです。

人気の高いバラの品種ランキング

バラ
no.1

ローズポンパドゥール

コンパクトで鉢植えでも育てやすく、お勧めなバラはローズポンパドゥールです。病気にも強く、堂々としたピンクの花がゴージャスにバラらしさを醸し出しています。量もたくさん咲くので華やかさから人気があります。

no.2

レディエマハミルトン

地植えならイングリッシュローズの一種であるレディエマハミルトンが人気があります。育て方は難しくなく、初心者向けとも言われています。サーモンピンク色の花がたくさん咲きますが花もちは3日程です。

no.3

ルージュピエールドゥロンサール

真紅のバラというイメージそのもののバラを育てたい人に高い人気を誇るのが、ルージュピエールドゥロンサールです。育て方は鉢植えでもできますが、地植えにすると株が増えて華やかさが増します。

no.4

ウィリアムモリス

ロゼット咲きといわれるドレスのような巻きの花を咲かせるのがアプリコットピンクのウィリアムモリスです。育て方のコツは地植えにするときにツルバラとして扱う事です。また病気にも強いのがお勧めです。

no.5

レイニーブルー

青紫色でミステリアスな雰囲気のレイニーブルーは近年人気のあるバラです。つるバラのため育て方は地植えとなりますが、他のピンクのバラを合わせる事により庭の色が生えるのでぜひとも入手したいバラの一種です。

事前の準備や勉強が鍵を握る!バラの育て方

バラ

苗の購入方法

バラの育て方のコツとして、まず苗を購入しないといけません。バラの苗は園芸店やホームセンターなどで直接店頭購入するケースと、ネットの通販で購入するケースがあります。自分の目で見て選びたい場合は店頭購入がお勧めですが、ネット通販の場合は珍しい品種を購入することも可能です。

婦人

バラの苗の選び方

バラの苗の選び方はバラの育て方を語る上で欠かせないポイントです。苗を選ぶ場合はまず太い枝があること、その枝にしっかりと縦じまの模様があること、株元が丈夫でしっかりしている事がポイントです。丈夫な苗ほど病気に強いのでとにかく元気そうな苗を選びましょう。

薔薇

植え付けを行なうタイミング

バラの育て方のポイントの一つに苗の植え付けのタイミングがあります。基本的にはバラの成長の休眠期である12月から2月半ばまでに行うのがベストとされています。この時期ならバラの植え替え時に多少のキズなどがついてしまってもそこから傷が広がる事はありません。

植物

バラの苗を植え付ける時に気をつけるポイント

バラの植え付けの時には時期を間違えない事が育て方のポイントです。バラはとても繊細なので、活動期である春や夏に植え替えをすると、それが負荷になってうまく花をつけなくなってしまいます。秋などでも暖かい日や冬の小春日和の日も避けた方がベストです。

初心者が育て方で失敗しないためのコツ

初心者がバラの育て方で失敗しないコツは「我流でやらない」事です。最初だからこそちゃんとバラの育て方を覚え、バラに心地いい環境できれいに咲かせてあげましょう。品種を選ぶときは必ず初心者向けのバラを選ぶことをお勧めします。

広告募集中